赤ちゃん体幹教室

赤ちゃん体幹教室(Cカーブ&寝返りトレーニング・ハイハイトレーニング)スケジュール

【赤ちゃん体幹教室のお知らせ】

グループ教室は「育児総合研究協会」は引き継ぎました。
https://ikujisoken.com



赤ちゃんパーソナル相談はこちら

赤ちゃん体幹メソッドのTV番組放送が始まりました 赤ちゃん体幹トレーナー 露木由美

こんにちは!
赤ちゃんの体幹トレーナー 露木由美です
 
お待たせいたしました〜!
年末にお知らせしていたJ:COMでの
「赤ちゃん体幹メソッド」の
番組の放送が始まりました〜〜♡

みなさん、ぜひ見てくださいね〜!

放送を見る方法はいくつかありますので
以下にご紹介いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<放送をご覧いただく場合>
J:COMスカパーかスカパーをご利用の方は、
「女性チャンネルLaLa TV」を契約するとご覧いただけます。
LaLaTV を見るには
https://www.lala.tv/watch/sky/#tab
LaLaTV の中のdaysy.TVで放映しています。
1月分の残りの放送は
2019/01/11 (金) 22:45〜23:00
2019/01/13 (日) 20:15〜20:30
2019/01/16 (水) 22:45〜23:00
2019/01/25 (金) 22:45〜23:00
2019/01/26 (土) 19:45〜20:00
2019/01/30 (水) 22:45〜23:00
です!
※全て同じ内容、1ヶ月ごとに変わります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<WEBでご覧いただく場合> 
「女性チャンネルLaLa TV」で流れる番組(動画)の一部と
露木由美がdaysy.TVに提供した記事を
WEB上で覧いただけるようになっております。
Daysy.TV のWEB 
■「体幹」は赤ちゃんのうちに!が新常識 vol.1
「赤ちゃんの体幹」
 https://www.dayeasy.jp/life_event/8718/

「体幹」は赤ちゃんのうちに!が新常識 vol.2
「体幹と心の成長」

49674144_600536527055525_2928398136516804608_n
 

49676397_2425764957451649_6208680366614511616_n

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

見たら感想送ってね〜〜♡

つかまり立ちできるのにハイハイで坂が登れない理由は体幹不足 赤ちゃん体幹トレーナー 露木由美

こんにちは 赤ちゃんの体幹トレーナー 露木由美です

体幹教室に来てくれた7ヶ月の赤ちゃん。
まだ7ヶ月なのにつかまり立ちが上手にできるんです!
とても早いですよね!

おすわりサポート椅子を使ったのかな?と思い
ママに聞いてみました。
でも使っていないとのこと

赤ちゃんの様子を見ていると
・ずりバイをしない
・ハイハイが片足ハイハイ
・おすわりの姿勢で腰が落ちている様子。

いつものようにリカバリーを考えながら、
なぜ、ここまで早く立ち上がってしまったのか
原因を考えるために
ママに月齢が低い頃の話を色々聞いていました。

そして行き着いたのが
「ねんねトレーニング」でした。
ねんねトレーニングとは、
赤ちゃんが一人で寝られるようになるための
トレーニングの方法です。

ここではねんねトレーニングについての詳しい
コメントは避けますが、

今回の赤ちゃんは、2〜3ヶ月ごろに
この「ねんねトレーニング」をしたそうです。

ねんねトレーニングにもいろいろな方法があります
この赤ちゃんのママが試した方法は
赤ちゃんが泣いても見守るという方法

赤ちゃんが夜中に泣いても
とにかく見守る!
すると、だんだん泣く時間も短くなり、
一人でねんねできるようになるというトレーニング方法ですが、

この赤ちゃんはその「泣いている時」に激しく反り返り、
そのまま「反り返りの勢いで寝返り」を
してしまったようです
それが3ヶ月の終わりころだったとのこと

成長を追っての寝返りではなかったため、
うつ伏せの状態での通常の成長段階を追う事ができず、
今度はお尻を高く上げ
手を床に付かない「たかバイ」のような姿勢で
頭と足で体を支えながら、足で床を蹴り
頭をずるずると滑らせながら
前に進んで行くという移動の方法を覚えたようです

現在は片足ハイハイのような形で移動する事ができます
そして安定したものに捕まれば
体を起こした状態でつかまり立ちもできます

しかし、この状態はとても危険な状態なのです

なぜかというと
…………………………………………………………………………………………………
不安定なものにも捕まってしまうと一緒に倒れてしまう
…………………………………………………………………………………………………
からです。

詳しい様子は動画をご覧ください。



さて、不安定なものに対しての「危険察知能力」が
育たないまま立ってしまう危険な成長もありますが、
基本的な身体の使い方にも不足してしまう事が出てきます

通常、成長段階を追ってうつ伏せになると
床にお腹をつけながら
手足を動かす
手足を浮かしても動かせる
肘にしっかりと上半身の体重を乗せられる
手のひらにしっかりと上半身の体重を乗せられる
膝がお腹の横あたりまでしっかりと動かせる
などなど
この順番ではなくてもいいのですが、
このようにたくさんの成長過程を踏んでずりバイへと移っていきます

ずりバイも肩甲骨の安定や体幹を強くする動きがたくさんあり、
その少しずつの成長がハイハイへとつながっていきます

成長段階にあった体重で体を動かすので
毎日無理なく成長をして行く事ができます
筋力とともに体重も日々増えて行くので、丁度いいのです!

もし、赤ちゃんの時にずりバイやハイハイをしなくても
リカバリーのためのトレーニングはたくさんあります
ですが、体重が重たくなってから
いきなり腕で体重を支えるわけですから大変です

やはり、赤ちゃんのうちに成長段階を飛ばさずに
経験させてあげる事が一番自然で、無理がありません

もし、赤ちゃんの時に経験をしていない、
そして、リカバリーもしなかったとしたら
どうなるでしょうか?

考えればわかりますね!

重たくなった体重を腕で支えられないわけですから
例えば
・転んで手が出ても体を支えられず顔を打ってしまう
・雑巾掛けのような両腕に体重が乗る動きがにがて、あるいはできない
・逆立ちの時に腕で体重が支えられない
などのように「体重を支えるための筋力不足」になります

そのほかにもずりバイやハイハイの時に徹底して行う
「体をくねらせながら体幹を使って体重を移動させて行く」
という動作が不足してしまうので、例えば
・跳び箱の時両手をついた後、体重を乗せていた手を手前に引く体幹力が不足
・投げる、走る、のような体のひねりの動作が必要な動きがにがて
などのように「体幹の不足や体のひねりの動きが弱い」という事につながります


この赤ちゃんは動画にもあるように
成長段階(筋力や体幹などの成長)を経験しないまま
床から体重を持ち上げる飛び級をしてしまったので、

・ずりバイやハイハイの動きを経験させるためのトレーニング
・不安定なものに捕まる危険を覚えてもらい、しないようにするトレーニング
(不安定なものに捕まると一緒に倒れてしまうから、危険を察知する、あるいは捕まって倒れそうになっても、自分は自分で座れる)



******************
赤ちゃんは立ち上がるまでの成長段階で、
「立ち上がった後に全ての動作ができる」体の使い方を
学んでトレーニングしているので、
きちんと全てが学べる環境を作ってあげることが大切です。

何かに気なることがあれば
いつでも相談してくださいね!

公開できる動画を撮らせてくださる赤ちゃんも
募集しています

動画の募集内容は
・夜泣きに困っている
・抱っこで寝かせても置くと起きてしまう
・寝返りが正しくできているか心配!
・ハイハイをなかなかしてくれない
・お座りサポート椅子を使っている
などなど

そのほかなんでも気になることは相談してくださいね!

相談、動画撮影の申し込みはこちらをご利用ください↓
申し込みフォーム
最後までお読みいただきありがとうございました。
赤ちゃんの体幹トレーナー 露木由美

ベビスマクラブ、赤ちゃん体幹教室が、お弁当付きになりました!

ベビスマクラブ、赤ちゃん体幹教室が、お弁当付きになりました!

栄養ごはんの家庭料理を提供する「あいおい食堂」さんの「身体に優しい日替わり定食」 をお弁当にしていただきます。

(アレルギー対応などはできないので、不要な方は申し込みの連絡時に「お弁当不要」とお知らせください。その場合でも参加費は変わりませんのでご了承ください)

Baby&Smileウェブサイト

Baby&Smileのホームページ
LINE@

お友達登録で、
体幹メソッド情報をGET!
書籍紹介
  • ライブドアブログ